彩の国建設クラブ研修・交流事業

彩の国建設クラブ研修・交流事業に参加してきました。
いつぞや書きましたが、青年会議所は地域ごとに存在していますが、その他に職業別の部会というのも存在しています。

私は建設資材を販売する仕事をしているので、建設部会という部会に入っています。それが彩の国建設クラブです。

その彩の国建設クラブの今年はじめての事業が行われましたので、越前谷監事と一緒に参加してきました。

内容は、埼玉が生んだ偉人、渋沢栄一の生涯を学び今後のビジネスに活かすこと、そしてバーベキューを通じてメンバー間の交流を深めるというものです。

確か5月に埼玉ブロック協議会のトレーニングキャンプで渋沢栄一記念館などを見学していたので2度目となりましたが、それでも新たな学びがありました。何度でも来て自分への戒めにしたい、そう思わせる人です。

その後は、埼玉県各地から集まった建設関係のメンバーとともに懇親を深めることができました。

皆様もぜひ、青年会議所活動だけでなく部会の活動にも参加してみてはいかがでしょうか。

CEC06BA9-4552-45F7-A01A-8B62781BC19C

1826C157-5778-4BB0-8FC3-06968B0DD10C

5BFF013B-A207-4DF7-A7C3-85783DDCB52C

B012617A-3E71-47CE-BE3F-2CA6B30DB9D5

11月例会

本日は11月例会が開催されました。
前回の理事会の冒頭挨拶で、私は10月が後半戦、下期の、山場になると申し上げました。

10月理事会翌日、日本青年会議所の鎌田会頭が大宮に来ての会頭公式訪問例会。入会間もない塾生を連れて行ってまいりました。

10月9日は10月第一例会「理念を広めよ〜強い思いを内外に」を開催し、理念、ビジョンを持ちいかにそれを自らがリーダーをつとめる組織に広めていくかということを学びました。

そして10月10日から、日本青年会議所全国大会富山大会が開催され、私と小笠原専務とで参加してきました。残念ながら台風の影響で12日のファンクション全てが中止になり、春日部青年会議所からの参加もキャンセルとなりましたが、総会において2020年の会頭と役員の皆様の人事を春日部青年会議所を代表して審議してまいりました。

春日部に戻り、10月18日は第5回中長期ビジョン策定会議。関東地区あちらこちらからメンバーの皆様が春日部の地にお越しくださいました。そして、2020年以降から唱和される予定の新関東地区宣言(案)が固まりました。そして10月23日には関東地区協議会役員会にて承認されました。

その10月23日は10月第二例会「迫る55周年〜皆の心を一つに〜」を開催しました。いよいよ来年は春日部青年会議所は55周年という節目の年を迎えます。
今一度、周囲への感謝の気持ち、春日部青年会議所が大切にしてきた「礼節と献身」という価値観を学んでいただきました。

10月29日には、2年ぶりに埼玉ブロック協議会の会員会議所会議が春日部にて行われました。今年度事業計画の審議は終わり残るは、さよならブロックを待つばかり、そして次年度へつなげる報告書案件のみとなりました。

長々と書きましたが、いずれも自分のこと、今年のことを考えるのではなく、2020年以降の先を見据えての動きが主になってきました。どうかこの時期、来年の理事への引き継ぎ、卒業生ならば残されるメンバーを慮り、今出来ることに徹していただければと思います。

第3回中長期ビジョン策定会議

本日は第3回中長期ビジョン策定会議が館林の地にて開催されました。

関東地区宣言改定の動きは、さらに進み、3つの具体的な案が作成され細部の文言を精査する段階に入ってきました。

また、会議後に行われた懇親会ではそもそも青年会議所は今後どうあるべきなのか?関東地区協議会はどんな役割を果たせるのかなど、各地で理事長を経験した人達ならではの悩みやこれからへの希望などを話し合いとても有意義で楽しい時間を過ごすことができました。

関東地区あちらこちらから集まってくる仲間、そして今回初めてご挨拶させていただいた館林青年会議所の皆さまなど、多くの方々と出会えともに活動できることが嬉しく思いました。

38F54180-5485-4B23-9129-307215326B06

ギャラリー
  • ありがとう関東地区
  • ありがとう関東地区
  • ありがとう関東地区
  • OB会会員会議
  • 11月例会「子育て新時代〜子どもたちの未来のために私たちが踏み出す〜」
  • 11月例会「子育て新時代〜子どもたちの未来のために私たちが踏み出す〜」
  • 11月例会「子育て新時代〜子どもたちの未来のために私たちが踏み出す〜」
  • 彩の国建設クラブ研修・交流事業
  • 彩の国建設クラブ研修・交流事業