2019年11月

ありがとう関東地区

公益社団法人日本青年会議所関東地区協議会2019年度第3回会員会議所会議、ならびに、ありがとう関東地区に行ってきました。

この会議のポイントは3点。
1、関東地区宣言改定計画
2、関東地区協議会LOM付加金の改定
3、役員選任

役員選任に関してはおいおいご覧いただくとして、LOM付加金の改定に関しては各理事長から質問意見が続出して荒れ模様となりました。
現状、会員1人あたり500円の付加金を1000円に変更するという案。これが特に小規模LOMにとってはかなりの痛手になるにも関わらず、十分な説明がなされていないという問答になりました。
結果は、賛成多数により可決承認。反対や保留のLOMもありました。

本題は、関東地区宣言改定についてです。
私が副議長として作成に参画させていただいた新たな関東地区宣言が無事、全会一致にて可決承認されました。

奇しくも、昨日のOB会にて、現行の関東地区宣言を作成した春日部青年会議所田口歴代、山口歴代から当時の逸話を聞いていたところなので、今日の審議可決は僕にとって、とても感慨深いものになりました。

皆さま、この改定に思うところはあるかもしれませんが、各LOMで唱和していただき、そこに込められたビジョンを共有していただければ幸いです。

DB94C008-AA8D-4CE4-AC48-26EC97591007
新関東地区宣言を上程する中長期ビジョン策定会議、中沢議長(甲府JC)
短い期間ではあったが、おそらく生涯忘れられないであろう経験となった。

E39A4EF3-8D97-467F-9B58-E1663191E64D
新関東地区宣言。
詳細については、解説資料をご参照願いたい。

2F14927E-E6E1-43E4-AF53-E87FD6D3C62D
中沢議長、塩澤副議長、関口副議長、大変お世話になりました。
こんな素晴らしい人たちと出会えたことが嬉しい。


OB会会員会議

本日は日頃より大変お世話になっている春日部青年会議所OB会会員会議に出席してきました。

押田豊OB会会長をはじめとする先輩方に、ちょうど一年前にご挨拶した時からここまでの御礼をするとともに、2020年も変わらぬご指導ご鞭撻を、とお願いしました。

そして、55周年を迎える春日部青年会議所を牽引する、次年度理事長を紹介してまいりました。

これまでに長きにわたり春日部青年会議所を背負ってきた歴代理事長を前にして挨拶するプレッシャーは想像以上に僕にのしかかり、汗が止まらなくなってしまいました。
とても良い経験をさせていただきました(^^;;

64356DD1-24F7-4BFF-9C99-0EF506ECC15A

関根副理事長、春木委員長、西澤塾長らも、いよいよOBの仲間入りになります。寂しいですね。

11月例会「子育て新時代〜子どもたちの未来のために私たちが踏み出す〜」

昨夜は、春日部青年会議所11月例会「子育て新時代〜子どもたちの未来のために私たちが踏み出す〜」が開催されました。

この例会の目的は単純です。
科学技術の発展をはじめとし、社会が物凄いスピードで劇的に変わりつつある現代において、数十年前と同じ子育て、教育をすることが、子どもたちの未来のためになるのかどうか疑わしい、そのことを多くの保護者の皆様や、これから親になる予定の方、教育に携わる予定の方に考えていただきたかったのです。

講師として、K.I.T虎ノ門大学院教授(金沢工業大学 虎ノ門キャンパス)、早稲田大学ビジネススクール客員教授などを務める三谷宏治氏をお招きし、今までの教育の問題点、これからの時代に必要な創造力を育む子育てのポイント、そして3人の娘さんを育てた経験などをお話しいただきました。

極めて示唆に富む内容で、そしてまた来場者がのめり込むような興味深い講演となりました。例会後も講師のもとに質問に来る方が後を絶たず、来場者の子育てに関する思い、悩みがあるのだということに気付かされました。

本日の例会が皆様にとってお役に立てたならば幸いです。
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

228323BE-A25F-4057-8BC3-7FF39905A22B
司会を務めるのは板垣委員。

CE1841D0-75DB-4BB5-992F-76404B25AE99

FA7757E5-4044-4073-8A5D-73AFC4FC4151

来場者を巻き込んでの講演は飽きることなくとても印象深いものとなりました。

彩の国建設クラブ研修・交流事業

彩の国建設クラブ研修・交流事業に参加してきました。
いつぞや書きましたが、青年会議所は地域ごとに存在していますが、その他に職業別の部会というのも存在しています。

私は建設資材を販売する仕事をしているので、建設部会という部会に入っています。それが彩の国建設クラブです。

その彩の国建設クラブの今年はじめての事業が行われましたので、越前谷監事と一緒に参加してきました。

内容は、埼玉が生んだ偉人、渋沢栄一の生涯を学び今後のビジネスに活かすこと、そしてバーベキューを通じてメンバー間の交流を深めるというものです。

確か5月に埼玉ブロック協議会のトレーニングキャンプで渋沢栄一記念館などを見学していたので2度目となりましたが、それでも新たな学びがありました。何度でも来て自分への戒めにしたい、そう思わせる人です。

その後は、埼玉県各地から集まった建設関係のメンバーとともに懇親を深めることができました。

皆様もぜひ、青年会議所活動だけでなく部会の活動にも参加してみてはいかがでしょうか。

CEC06BA9-4552-45F7-A01A-8B62781BC19C

1826C157-5778-4BB0-8FC3-06968B0DD10C

5BFF013B-A207-4DF7-A7C3-85783DDCB52C

B012617A-3E71-47CE-BE3F-2CA6B30DB9D5

11月例会

本日は11月例会が開催されました。
前回の理事会の冒頭挨拶で、私は10月が後半戦、下期の、山場になると申し上げました。

10月理事会翌日、日本青年会議所の鎌田会頭が大宮に来ての会頭公式訪問例会。入会間もない塾生を連れて行ってまいりました。

10月9日は10月第一例会「理念を広めよ〜強い思いを内外に」を開催し、理念、ビジョンを持ちいかにそれを自らがリーダーをつとめる組織に広めていくかということを学びました。

そして10月10日から、日本青年会議所全国大会富山大会が開催され、私と小笠原専務とで参加してきました。残念ながら台風の影響で12日のファンクション全てが中止になり、春日部青年会議所からの参加もキャンセルとなりましたが、総会において2020年の会頭と役員の皆様の人事を春日部青年会議所を代表して審議してまいりました。

春日部に戻り、10月18日は第5回中長期ビジョン策定会議。関東地区あちらこちらからメンバーの皆様が春日部の地にお越しくださいました。そして、2020年以降から唱和される予定の新関東地区宣言(案)が固まりました。そして10月23日には関東地区協議会役員会にて承認されました。

その10月23日は10月第二例会「迫る55周年〜皆の心を一つに〜」を開催しました。いよいよ来年は春日部青年会議所は55周年という節目の年を迎えます。
今一度、周囲への感謝の気持ち、春日部青年会議所が大切にしてきた「礼節と献身」という価値観を学んでいただきました。

10月29日には、2年ぶりに埼玉ブロック協議会の会員会議所会議が春日部にて行われました。今年度事業計画の審議は終わり残るは、さよならブロックを待つばかり、そして次年度へつなげる報告書案件のみとなりました。

長々と書きましたが、いずれも自分のこと、今年のことを考えるのではなく、2020年以降の先を見据えての動きが主になってきました。どうかこの時期、来年の理事への引き継ぎ、卒業生ならば残されるメンバーを慮り、今出来ることに徹していただければと思います。

ギャラリー
  • ありがとう関東地区
  • ありがとう関東地区
  • ありがとう関東地区
  • OB会会員会議
  • 11月例会「子育て新時代〜子どもたちの未来のために私たちが踏み出す〜」
  • 11月例会「子育て新時代〜子どもたちの未来のために私たちが踏み出す〜」
  • 11月例会「子育て新時代〜子どもたちの未来のために私たちが踏み出す〜」
  • 彩の国建設クラブ研修・交流事業
  • 彩の国建設クラブ研修・交流事業